お知らせ
新潟焼山では、2015年夏頃から噴煙がやや高く上がる傾向が認められ、12月下旬からは噴煙量も多くなっています。
こうした現状を踏まえ、糸魚川市役所において、地元自治体の首長の協議が行われ、入山者の安全を確保するために、新潟焼山の想定火口内(山頂から半径1km以内)の立入規制を行うことになりました。

新潟焼山の火山活動状況については、気象庁ホームページをご覧ください。
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/monthly_v-act_doc/monthly_vact_307.html